2017年7月18日火曜日

IOTの進展は接待関連産業に朗報かも

(1)IOTが進むと工作機械の数は少なくても、同じ生産が可能になる。
IOTが進むと、どこの工場に余裕があり、そこに製造を振り向けるには原材料や部品をどこから送り付ければ良いか、完成品を運び出すトラックをどう手配するか、などという一連の製造プロセスが毎時毎分ごとに再計算される。

製造業が第一という記事がメディアに見されるが、システムをコントロールする立場に立てる工場(=製造企業)は少数だ。
多くの工場は大量生産システムの内部で生き残るために巨大システムの傘下に加盟すること必要になる。

海外工場との連携も高まることも予想される。
Connectivity、あなたの工場はつながりますか?

これがますます重視されるだろう。

(2)このような変化に対応できない工場は多いだろう。
システムに選ばれない工場は、「理論的にはそうでしょうが、そこを曲げてうちに受注させてください」というお願いをするだろう。


お願いには接待がつきものだ。
飲食、贈答、ゴルフ、その他色々と・・・

接待が功を奏しない、システム通りに決められる、そういうことに収束するまでは、お願いの悪あがきは結構な盛り上がりを見せるかもね