2020年9月15日火曜日

目次 & このブログに関して

投資を実行する前に必要な事が色々ある
知っておくこと、身に着けておくこと、態度知識スキル

社会経済ニュースや企業情報は、インプット・データだが、
そのデータを上手に解釈する、投資に役立つように解釈する、、それがもっと重要だ

<< シリーズ記事の目次 >>

2016年4月~:春山ルール

2017年12月:2018年は、2017年を確認する続編の年
2017年12月:AliPay&WeChatPayが中国を最先端の信用本位制資本主義国家に導いた
2017年10月~:For Starters & Beginners 
2017年10月~:Begnnerを卒業した人へ

2017年8月~:農業を考える
2017年4月~:2017年4月の現金化と復活
20174月~:ブランドの再編
2017年2月~:朝鮮半島問題
2017年6月~:Apple Microsoft Amazon Google Facebook再考
2017年7月~:次の30年に備えて、まずは5年先まで考えてみる
2016年8月:社会が育てる子供
2016年8月:中国の民主化
2016年5月:インフレと低金利
2015年9月:AI & Deep Learning
2015年6月:地政学リスク
2016年11月~:2017年を考える
2016年2月:2016年1-2月の相場下落
2015年12月:2016年を考える
2015年7月:名古屋証券取引所IRフェスタ2015セミナー
2015年8月:上海株式市場の暴騰&暴落

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昔のブログ → 豊健活人生
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2018年11月11日日曜日

金融緩和後の香港&中国_その2

"金融緩和後の香港&中国_その1"で「底値からの上昇率は+25%程度」と書いたが、これは前回相場の上昇率よりも大幅に小さい
+25%という数字をもう少し追記すれば、香港+20%、上海+30%というイメージだ

前回相場は下記図のようなものだった
2014年2~5月に底打ちし、7-9月に上がり始め、2015年6月初旬にピークを迎えた
上昇率は、香港ハンセン指数+34%、上海総合指数+159%



今回の春山の予想が前回相場よりも小規模になると考えている理由は以下の通りだ

1:前回相場のボトムではPERが猛烈に低下した。
上海の実績ベースのデータしか持ち合わせていないが、前回ボトム時のPER=9.5倍という低さまで割安になった。それほどまでに投資家は恐怖におののいたのだ。

今回は12.1倍までしか低下していない。投資家の恐怖度合いは前回ほどまでパニックしていないのだ。現在の割安度合いは前回ほどではないのだ。




2:今回相場はPERが前回ほどには上昇しない
その背景は金利の上昇だ
前回相場は、世界的に金利が低下している局面だった
しかし、現在はUSは既に上昇局面だし、日欧も超緩和から普通の緩和へと”相対的には引き締め方向”に金融政策が変更されている

金利が上昇する環境では投資家はノー天気に株を買い上げることはしないので、PERの上昇幅が限られるのだ。

3:上場される企業の金利感応度合が低下した
前回相場時の上場企業(特に上海)の多くは「景気敏感、重厚長大、政策依存」産業が多かった。
このような企業は直前に半値(もしくは1/3まで)という安値まで株価が下がることが多く、金利低下に反応して上昇すると1年で2~3倍に上昇することが多い。

しかし、現在の中国市場に上場される企業はサービス系の産業が増加しており、市場全体の金利感応度は前回相場よりも低下しているだろう。

4:米中貿易摩擦を懸念して投資家は熱くならない
米中貿易摩擦は、10-30年の係争だ。
日米貿易摩擦のの歴史(1960年代~1990年代までの約30年も続いた)を勘案すれば、米中貿易摩擦が短期で終わると考えるのは早計だろう。



日本はアメリカの傘下(=イエスマン)にあったのだから多少の手心はあっただろうが、中国は傘下の国ではないから、日米以上に摩擦は激しいだろう。
それを投資家が懸念するのは当然であり、その懸念は今後長期間にわたって継続するのだ。
しかし、株式市場はその悪材料を織り込み、影響を受けにくい企業への選別投資へと移行する。株式市場はそのような貪欲さを失わない

日米貿易摩擦(Wikipedia参照)

2018年11月10日土曜日

金融緩和後の香港&中国_その1

金融緩和を始めてから株が本格反騰する迄のタイムラグだが、香港&中国は日米よりも長いと思っている。
当初は金利低下に素直に反応せずに、その後も下がり続ける
6か月後に安値を付けて、ようやく金利低下に反応が始まり、その後は底練り期間があって、9ヶ月後から上昇(=日米よりも急角度で上昇)を始めて、12ヶ月後に一旦の天井、、、そんなイメージを持っている。

上記を今回に当てはめてお絵かき的な予想をしてみたい。

下図を見ると、中国が金融緩和に舵を切った時期は、1m金利や3m金利を見れば、2018年の4月か7月だと思う。
預金準備率の大幅引き下げが4月に実施されていることを合わせて考えれば、4月と判断するのが妥当だろう。


4月から6か月後は10月だが、ここが安値だと思う
11月~1月は底練り期間で、不安の中を徐々に下値を切り上げるフェイズだろう。
2月~4月で「あそこが底値だったね」という認識が広がって上昇に弾みがつくという推移だと推定している。底からの値幅は、+25%程度を予想している

あくまでもお絵かき的な推定だが、多少のずれはあろうとも流れはこういうモノだと考えている

2018年10月30日火曜日

春山ルール 45: 苦しくても後講釈を聞かない

資産運用は、マラソン100回みたいな超長期のレースなのだと思う
幸運の連続の次期もある
何をやってもチグハグの時もある

苦しいと藁をもすがりたくなる
そういう時でも、春山は一個だけ決めている。

後講釈的な理論整然とした「*+*だから上がったのです」とか「**++だから下がったのです」という後講釈の評論家に耳を貸さない

ポジションを持つと、役に立つデータも不十分な手探りの状態で「51:49」の中から、迷いながらも51を選ぶ作業に毎日直面する。
後から分かっている奇麗なデータを見て、「*+*だったから、+*+」という講釈は実戦には役に立たないのだ。立たないばかりか、時間の無駄になるのだ。

苦しくても後講釈を聞かず、明日を考える
一寸先の光を信じて!


藁では資産は浮かばれないのだから

2018年10月19日金曜日

連載を始めるに際して

連載の依頼は何度かあったが、全て辞退してきた
そんなことに時間を割いていたら神楽坂でのセミナーに支障をきたすからだ

しかし、金融リテラシーとブランディングを真剣に考えて、この1-2年は邁進するというスポンサー企業の新社長の言を信じてやってみることにした
前言を翻すような現実を感じたら連載の途中であっても辞める覚悟だ。

連載の続きは春山のブログで継続すれば良いのだ、スポンサー無しで

10月18日に新社長と今後一緒に仕事するチーム員に以下の事を伝えた。
記録として残しておき、何度も読み返して初心を貫徹するために・・・


~~~~~~~~~~~~

金融リテラシーをお客様に浸透させていきたい
それは情報の非対称性を埋める作業だ
情報劣位にあるお客様の目線に合わせて、お客様が読みたい学びたいと感じるように、金融機関側が腰を低くして対峙しなければならない

お客様との接点はホーム・ページ
だから、ウェブのデザインは最重要事項


目的のページに行くまで2クリック以内、3秒以内
それ以上待たされるようだと、去ってしまう
金融機関は「自分たちは高級カラスミ」のように素晴らしい知識と経験を持っており、それをHPに記載しているのだから、読者の側が余分なクリック回数をして多少の待ち時間があっても読むハズだと勘違いをしている。
もしくは、そんな状態ではイケナイと思っていても、猛烈な努力で短時間で「
目的のページに行くまで2クリック以内、3秒以内」を実現する行動をしない

素晴らしい情報には、素晴らしいパッケージングが必要
同じような”素晴らしい”情報があふれているのが金融業界なのだから
同じようなモノが転がっているから、パッケージ勝負になる
素晴らしいパッケージ(=顧客目線のWebデザイン、読みたいと感じさせるデザイン)が最大級に重要なのだ


また、Webページのデザインは「スマホ第一」でなければならないと思っている。
ユーザーの70%以上がスマホで読むのであり、PCで読むのは金融人の同業界人なのだ。
しかし、ほとんどのHPはいまだにPC優先のまま放置されている。
それじゃイケナイと思っていても、非常に短期間で変える行動をしない
いまだに、変更に1年近くを要するような低速スピードで良いと思っている。

上記のような事を「それは理解していますという相手」を眼前に、春山は強力に要求した
だって私は真剣なのだから、やるならチャントやりたいのだ、具体的なデザインも提案した

さて、要求がいつ完成するか?
素晴らしいデザインは少し遅れるかもしれないが、連載は11月の終盤には始まる予定だ。
乞うご期待

2018年10月13日土曜日

下げ局面での買い出動を三分類(ファンクラブ、モリモリ、スマート)

中期、長期で上がってきた株が何かの拍子に下がり始める
下げ幅も3-4%ではなく、20ー50%以上という値幅を出す

そんな下げ局面で頻繁に出てくるチャートの形と、
その下げの局面で投資家が買い出動するパターンを分類しながら解説してみたい

1:下げの第一波動、その第一波動の終盤では出来高が急増する


2:ここまで下がれば買いだ、と思う投資家が買い出動するので、リバウンドする

3:しかし、当初の下げを裏付ける悪材料が強化されるような売り材料が出現して、下げの第二波動(②)に移行する
第二波動は高値で売り遅れた投資家に加え、反騰局面(A)で買った投資家の投げも加わるために、第一波動よりも急角度の下げになる

4:さすがにここまで下がれば買い、と判断した投資家が買い出動するので、リバウンド(B)するが、このころに始まる証券会社のアナリストの業績下方修正に不安になる投資家の売りが増加するので反騰は続かず、さらに下がる

5:上記の1,2,3,4のプロセスの結果、下記のようなチャートになる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファンクラブ
下がれば買いを入れる
さらに下がるとナンピンしてポジションを増やす
もっと下がると、また買う
しかし、大底のかなり手前で資金を使い果たしてしまう
こういう買い方をする投資家は「ファンクラブ的な投資家」だ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

モリモリ
大底をつけるまで観察する
その後、副抵抗線を抜けるのを買いサインと考えて買い出動する


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スマート
大底をつけ、副抵抗線を抜け、それでも観察を続ける
主抵抗線を上抜けるのを買いサインと考えて買い出動する


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最安値で買うのが、もっとも上手な投資家であるが、大底をピン・ポイントで当てるのは難易度が高いので、次善の策としてモリモリ、もしくはスマートを春山は推薦する


続く