2024年2月26日月曜日

目次 & このブログに関して

投資を実行する前に必要な事が色々ある
知っておくこと、身に着けておくこと、態度知識スキル

社会経済ニュースや企業情報は、インプット・データだが、
そのデータを上手に解釈する、投資に役立つように解釈する、、それがもっと重要だ

<< シリーズ記事の目次 >>

2023年11月~:豊健活人生に大切な非投資のこと
2016年4月~:春山ルール
2020年4月~:推薦図書
2019年4月:日経平均株価を決めているもの
2017年12月:2018年は、2017年を確認する続編の年
2017年12月:AliPay&WeChatPayが中国を最先端の信用本位制資本主義国家に導いた
2017年10月~:For Starters & Beginners 
2017年10月~:Begnnerを卒業した人へ

2017年8月~:農業を考える
2017年4月~:2017年4月の現金化と復活
20174月~:ブランドの再編
2017年2月~:朝鮮半島問題
2017年6月~:Apple Microsoft Amazon Google Facebook再考
2017年7月~:次の30年に備えて、まずは5年先まで考えてみる
2016年8月:社会が育てる子供
2016年8月:中国の民主化
2016年5月:インフレと低金利
2015年9月:AI & Deep Learning
2015年6月:地政学リスク
2016年11月~:2017年を考える
2016年2月:2016年1-2月の相場下落
2015年12月:2016年を考える
2015年7月:名古屋証券取引所IRフェスタ2015セミナー
2015年8月:上海株式市場の暴騰&暴落

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昔のブログ → 豊健活人生
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最良の投資方法は (8)買いは単純、売りは複雑

買いは、新規にポジションを立てるものだ

儲けたい、この銘柄は値上がりするだろう、じゃあ買おう!・・・という希望と欲望に沿ったシンプルな判断と行動だ
(捕らぬ狸の皮算用、とも言えるけどね)


それに比べると、売りは複雑
売りの背景、引き金、理由、それらは複数ある

中でも「買った株の不満足な現状」は投資家を悩みや葛藤を含む複雑怪奇心理状態に陥れ、色々ともがいた挙句に売ろうという判断・行動になっていくプロセスだ


何故、その株を売却したのか・・・

1:儲かったから、profit taking

これは「買った株の満足な現状」だから、詳細は省略です

2:儲かると思って買ったけど、その後の動きがモッサリしていて、思ったほど大幅には上がらない、もっと上がる銘柄に乗り換えたい

3:儲かると思って買ったけど、ウダウダで待てど暮らせど横ばいだ、ガッカリした、もうこの株を持っているのは嫌だ

4:儲かると思って買ったけど、大幅に下落した。下げが止まらない、もうダメだ、我慢ができない、どこまで下がるの?、逃げ出しだ!

・・・・こんな理由で株を売るのだが、
1と2は、株価が上昇して利益が出ている状態での売りだ。

とはいえ、1は嬉しい売り2はイライラ売り

3と4は、株価が下落して損失が出ている状態での売りだが、3は、ガッカリ売りの現金化売り、4は、パニック売りの現金化の売りだ


1は、平常心での売り

2、3、4は,イライラ、ガッカリ、パニックという平常心を失した状態での売り


上記のように、単純な買いと複雑な売りという両者が市場でぶつかり合って、毎秒売買が成立している

だから、株の売買に関して、「安いから買う、高いから売る」、という単純で対等な紐付けや対比ができない

だから、どんな事になるのか、、などの詳細は次回に続く
目次



2024年2月25日日曜日

目次:最高の投資方法は

1:一番上がる銘柄を買う

2:どうやって、その銘柄を見つける

3:知る、納得する、できる

4:不安なものほど良く上がる

5:法則を発見しない<その1>

6:法則を発見しない<その2:多分こうなっているから、方程式化が困難>

7:失うものは過大評価され、チャレンジで得られるものは過小評価される

最高の投資方法は(7)失うものは過大評価され、チャレンジで得られるものは過小評価される

現在保有している銘柄が5銘柄(a,b,c,d,e)でフル・インベストメント状態

そいういう状態で、有望だと感じる銘柄fを発見した


その時、a,b,c,d,eのどれと入れ替えれば良いのか迷ってしまう

例えば、bを売ってfを買おうと思ったとしても、急に新規に買うfよりも、現在保有のbの方が良いのではないか、と迷ってしまう


こういう感情は、「自分が選んで購入したモノには愛着が沸くし、特別な価値がある」と感じる人間の素直な心に起因している


他人から見ればガラクタの空き缶でも、当人にとっては特別な価値を持つ空き缶だと言う精神構造と同じだ

しかし、空き缶と株は別

株はあくまでも多数の眼で見て、価値の有無と高低が決定されるものであり、個人的な思い入れは無意味


平常心で決断した「fには買うべき魅力がある」という判断は正しいだろう

しかし次の段階で、「保有株を手放す vs 新規リスク・テイクをする」という比較判定作業をしなければならない。

そしてこの時、「失う価値は過大評価され、チャレンジで得られる将来価値は過小評価される」という人間の特性が表面化するのだ


そして株式投資家であれば、

手放そうとしているbの価値は過大評価され、新規リスクテイクして購入するfは過小評価される

という普通の人間の心を是正して判断しなければならないのだ


これは企業経営者でも同じだ

新規ビジネス、新分野に乗り出すと決めた時、社内の既存ビジネスを縮小・撤退することが必要な場合がある

この時まさに、

失う価値は過大評価され、チャレンジで得られる将来価値は過小評価される」という心が出現する。

既存利益45は新規リスクテイクで得られる将来利益55よりも小さい

しかし、既存利益45は既にある利益

新規リスクテイクで得られる将来利益55は未確定だ

そして既存利益が巨額であればあるほど、さらに巨大な将来利益(=55)よりもスクラップ&ビルドで撤退を決めた既存巨大利益(=45)がドンドン大きく見えてくる
その結果、
スクラップ&ビルドを放棄して現状にしがみつく経営者が多くなるのだ
特に、創業者ではなく4~6年で後任にバトンタッチする短期間のサラリーマン経営者は不確実な巨大利益に挑戦しなくなるのだ

話を株に戻すと・・・・

平常心で決断した「fには買うべき魅力がある」という判断は正しいだろう

その時、a,b,c,d,eのどれを手放せば良いのか?

その答えは、a,b,c,d,eの中で購入後の株価動向が最も冴えない銘柄、自分をイライラさせている銘柄、最も含み損が大きな銘柄、それを手放すのだ
春山の約40年の経験ではそうだった

続く
目次

2024年2月24日土曜日

最高の投資方法は (6)法則を発見しない<その2:多分こうなっているから、方程式化が困難>

 春山も随分前に「妥当株価をPCで計算するモデル」を開発しようとトライした

そしてQuants Model開発のプロセスで理解したことは下記のようなことだった


例えば、株価を決めるファクターが3個(x、y、z)しかないという現実離れした状態で考えたとして・・・・

まずは、ファクターxに関して分かった事は、

1:ファクターxは、株価を上昇させる要因になったり、下落させる要因になったり、と変化する

2:要因の大きさは常に変化する
3:大きさの最大値、最小値は非対称で不規則だ

4:プラス要因の期間、マイナス要因の期間、その長さも非対称で、不規則に変化する

5:これらを変化させている原因は、ファクターxの外部要因(この事例の場合は、ファクターyとファクターz)である


1,2,3,4,5の中で最もやっかいなものが、5である

相互作用、フィードバック効果、などと言われる現象に属する

y → x : yがxに影響を与える

と同時に

x → y : 変化したxが、yに影響を与え返すフィードバックも生じる

そして、このような相互作用、フィードバック効果が、x、y、zの間で際限なく継続していく


株価を決めるファクターは3個だけではない、少なくとも10~20個はあるのだから、もうやってられない、という結論に・・・・


さらには、x、y、zの上昇と下落のリズムはバラバラだ

バラバラなものが相互作用、フィードバック効果で変化を続ける

もう、これは本当にやってられない、そういう結論になって、春山は「いわゆるQuants Model」を放棄した


もっとシンプルに考えた単純な Quants Modelはどうなのか?
さっぱり当たらないのだ、まあ現実を無視した理論など現実世界では通用しないのだ、当然なのです

次回に続く
目次



5

2024年2月20日火曜日

最高の投資方法は (5)法則を発見しない <その1>

株価は何によって決まるか?
それを解説する教科書には下記のような数式が出ている


ax + by + cz + ・・・= 株価

x,y,zは、株価を決めるファクター

a,b,cは、その割合、重要度

例えば、

55*業績予想 + 20*金利予想 + 8*為替レート予想 + ・・・・= 株価
みたいなイメージになる


最も大きなファクターが、主役
それ以外は、脇役

しかし、脇役の数は多すぎて、全てをリアル・タイムで数式に代入できるスピードでは把握できない
数値化できない脇役も多い


また、主役と脇役は入れ替わる時もある

a,b,cの大きさは、常時変動している


だから、例えば
2024年2月に、過去30年間のデータを分析して、「ax + by + cz + ・・・= 株価」のような式を算出できたとしても、

その式は、算出した瞬間から劣化を始め、時間が経過するほど無価値になっていく
過去データは、あたかもリアル・タイムで数式に代入できるスピードでは把握したように計算式に使えるが、将来データはリアル・タイムで数式に代入できるスピードでは把握できないので、得られた式は使い物にならない

過去数か月をじっくり観察して、市場で起こっている様々な事を眺めて、「そうか、株価はこうやって決まるのだ!」などと結論を出すのは無駄な行為だと春山は判断している

春山も過去に「ax + by + cz + ・・・= 株価」のような絶対的な式を算出しようと頑張ったこともあったが、徒労だという結論に達した

その詳細は次回に・・・
最高の投資方法:目次