2020年9月15日火曜日

目次 & このブログに関して

投資を実行する前に必要な事が色々ある
知っておくこと、身に着けておくこと、態度知識スキル

社会経済ニュースや企業情報は、インプット・データだが、
そのデータを上手に解釈する、投資に役立つように解釈する、、それがもっと重要だ

<< シリーズ記事の目次 >>

2016年4月~:春山ルール

2017年12月:2018年は、2017年を確認する続編の年
2017年12月:AliPay&WeChatPayが中国を最先端の信用本位制資本主義国家に導いた
2017年10月~:For Starters & Beginners 
2017年10月~:Begnnerを卒業した人へ

2017年8月~:農業を考える
2017年4月~:2017年4月の現金化と復活
20174月~:ブランドの再編
2017年2月~:朝鮮半島問題
2017年6月~:Apple Microsoft Amazon Google Facebook再考
2017年7月~:次の30年に備えて、まずは5年先まで考えてみる
2016年8月:社会が育てる子供
2016年8月:中国の民主化
2016年5月:インフレと低金利
2015年9月:AI & Deep Learning
2015年6月:地政学リスク
2016年11月~:2017年を考える
2016年2月:2016年1-2月の相場下落
2015年12月:2016年を考える
2015年7月:名古屋証券取引所IRフェスタ2015セミナー
2015年8月:上海株式市場の暴騰&暴落

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昔のブログ → 豊健活人生
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2018年7月14日土曜日

2027年以降の不動産は厳しい

団塊の世代(1947年~1949年生まれ)が天国に召さ始める時、仮に85歳とすれば、1947+85=2032年から、団塊の世代が所有する不動産の大量相続が発生する。

その頃には人口もかなり減少しているだろうから、東京・大阪・名古屋・福岡などの都市部と郊外(通勤の中心部ターミナル駅から30分以上の駅の周辺)の不動産価格差は今以上に大幅に拡大しているだろう。



1時間を超える不動産に関しては、固定資産税の負担を嫌って、相続拒否を希望する団塊ジュニアが増えているだろう。

不動産相場はその5年前(=2027年)を境に、他の資産に比べて「相対落後」するだろうと想定しているだろう

2018年7月7日土曜日

過去30年間、このパターンで質問しました

経営者に質問する時は、こう問いかけます

1:御社が進出する分野に関して、社長が具体的にイメージしている完成形をお話しください
2:それは、何年後を予定していますか?
3:6が月後、1年後というマイルストーンに向かっての、具体的な工程表をお話しください


最低の答えは・・・それらを今後社内で話し合って合意を形成したうえで着手したい

何故、それが最低だと春山が思うか?
1,2,3が具体的に示されない時、社員は何もやろうとしない
明日から何をすべきが決まっていない状態では、第一歩は始まらない
社長が具体的なイメージをトップダウンで示さない状態での合意形成は迷走する

社長の仕事は、社内の抵抗勢力を排除する、トップダウンのリーダーシップを発揮する、という部分にあるのだ、、、That’s why you are paied for !

2018年7月3日火曜日

床屋で感じる景気回復

床屋の予約が混んできた 景気は着実に改善中だ 男性の散髪なんて、10-20日延期しようと思えば簡単だ お父ちゃんの財布が温まってくれば、正常な期間が経過すれば床屋に行く この床屋インターバルの延長&短縮は、景気変動による車の買い替えサイクルの伸び縮みと同じだ
先月から予約が混んできた 20年間も同じ床屋に通っているので、需給の変化をシッカリと感じる 口では、「私には景気回復の恩恵が無い」と言いながらも、実は。。。。 そういうことだろう。 今後の消費の改善も明るいと思う

2018年6月16日土曜日

サービス・セクター(=非製造業)のIT化が進んできた結果、より少ない人物金で、過去以上のサービスを提供できるようになった。 以前は製造業セクターで同様なことが長期間続いた(下図参照)
今はサービスセクターにお鉢が回ってきているのだ それは、 1:サービス・セクターの利益率の上昇 2:サービス物価が上がらない という事を意味する 非製造業が製造業よりも大きくなった日本だから、全体物価はなかなか上がらない 日銀の悩みは、まだまだ続くだろう
日本の金利の推移 最近の様子。。。短期金利はジンワリと上昇している、好景気の結果だ
長期の推移



2018年4月11日水曜日

民主主義は資本主義よりも重要?

リーマン・ショック以降に顕著になってきたことだが、生産性や効率性の追求とグローバル化、IT化の結果として生み出される「敗者の感情」が政治的な問題としてクローズ・アップされている。
フェアな国際競争の結果を受け入れることが一段と困難になってきたのだ。
では、結果の平等が「上位概念」になるべきなのだろうか?