2017年6月6日火曜日

PERを投資指標する際の留意点

PER_1:結局、利益予想

景気が上昇し需要が増えると、売り上げが増えて利益が上昇する。
景気が下落し需要が減ると、売り上げが減少して利益がが下落する。
利益の増え方が大きいと、P
ER大きい

PER_2:適合&非適合

この考え方に適合するのは、利益が見込めるビジネス、
より適合度が高いのは、利益が増加するビジネス

この考え方が当てはまらないのは、
万年赤字、もしくは赤字と黒字を頻繁に往復するだけの非成長産業

PER_3:モメンタム株と馬鹿にされ続けてきたが

株の世界の歴史では割安株投資こそが王道、成長株とは名ばかりでそれらはモメンタム依存のチャラチャラした偽物という言葉が幅を利かせている。
日本では特にその傾向が強い

成長株とは「
Growth Stock」の翻訳だ

モメンタム株は
Value株にもGrowth株にも該当するものであり、成長株は所詮モメンタム依存というたぐいの揶揄は無視すべきだ。

PER_4 : 参入障壁

Growth Stockが活躍するビジネスは新分野が多い。
新分野は全員がスタートラインにいるような状態、そして新規参入を妨害する規制が無いか遅れており、参入障壁は低い。
競争は激烈だ

PER_5 : 時間が勝負


新製品、新サービスの競争が激烈だ。
ターゲットは一般人、消費者がほとんどだ。
「安く、簡単で便利な商品やサービスを、早く出す」ことが生き残りの条件だ。
時間が勝負である


PER_6 : 時間を買う

「安く、簡単で便利な商品やサービスを、早く出す」ことが人材や才能の不足で自社では不可能な時もある。
既に他社がそれを生み出している場合もある。
時間が勝負ゆえ、時間を買う(=その企業を買収する)のは合理的な判断である。

PER_最後

PBRのところに書いた事だけど、PERでも該当する項目は沢山ある。
そして何よりも、何でどう儲けても、100万円の利益は、同じ価値です

facebookコメントヘ