2015年11月15日日曜日

パリ同時多発テロと、ISの根絶

2015年11月13日金曜日
歴史に残る事件、パリ同時多発テロが発生

ISが犯行声明を出したパリのテロ、悲しいことだ
そして、冷徹に色々考える。
2001年の同時多発テロのあと、、、相場は相当下がった。
今回はどうだろう?

===========

ISの根絶を突き詰めれば、
欧米諸国は、サウジと相当程度に険悪な関係になる
事実上の最大のスポンサーがサウジだから

ISを根絶させようとすれば
欧州各国は、国内のムスリムを相当程度に厳しく監視せざるを得ない。
人種、民族、宗教、、、蓋をしておきたい問題に政治家は対峙せざるを得ない

IS根絶のために
移民の制限、国境の閉鎖が長期化するだろう。
中東アフリカの100年戦争は、今回の事件を契機にステップ・アップしたと判断する。

IS根絶はテロとの戦い
2001年の9・11から始まったテロとの戦い
世界が共同してテロとの戦いに立ち向かおうと宣言したUSは乗り出さざるをえない。
US+フランス+ドイツが、連合を組んで、ISと戦うことになるだろう。
ドイツは嫌だろう、ISは独仏間を引き裂こうとするだろう

何をどう言おうがムスリム VS キリスト教、と言われる
ISは、それが目的だ、聖戦と位置付けるからだ
中東ムスリム国家はISを根絶することに意欲が無い

IS根絶の手法は「敵の敵は味方」
USは、イラン+シリア+ロシアというチームで、対IS根絶をすることになる
それが効果的だから、目的を達成するためには
イラン、シリア以外の中東ムスリム国家はISを根絶することに意欲が無いので、口だけの傘下に留まるだろう、特にトルコとサウジ

賽は投げられた
事ここに至りては、武力行使で報復をせざるを得ない。
武力行使がたとえ少人数の特殊部隊であっても、ISはそれに対抗してさらにテロ活動を活発化させる
当面は、双方が戦争状態をエスカレートさせることになる。

facebookコメントヘ

2015年11月9日月曜日

かぎ分ける能力、そぎ落とし切り捨てる力

随分と長い間、投資にかかわってきた。
何を習得したのか?

嗅ぎ分ける能力
そぎ落とし切り捨てる力、
これではないか、と思う。

ダメな企業、無視すべき資料、スルーすべき記事、避けるべき人、
私たちの周りには、役に立たない情報、平凡な銘柄、そんなモノで溢れている。

良い投資成果を得るには、無駄な事にかかわる時間を減らすことが大切だ。
無駄なことに時間を取られると、気分が悪くなり、むかむかする。

投資判断に怒りは禁物だ。
平常心が何よりも大切だからだ。

必要最小限を残し、他は捨て去る

それが心のゆとりと、時間のゆとりと、良い成果を生み出す。

全員がそうだとは言わないが、私はそういう場所にいる。

facebookコメントヘ